So-net無料ブログ作成
検索選択

男性が見落としがちなこと・男と女の感覚の違い [自己紹介]

【前回の記事】の続きです。



髪の毛ボサボサ 眉毛ボーボー かなり時代遅れな服装・・・。


そんな男性がコロン香水を買ったり、セルフヘアカラーを買っって茶髪にしたり、
やけにブランド物ばかりを身につける。

そんな場面を街でよく見かけます。



そしてそのたびに、心の中で思うのです。


『違う、そこじゃない!もったいなーーい!』って。



4473954421_70b4a34d4a.jpg





私も含め、たぶん女性なら多少は気付くところだと思うのですが、

高いブランド物なんか買わなくてもカッコよくなれます。

茶髪にしなくても、印象が垢抜ける方法はいくらでもあるんです。



これは多くの女性、
特におしゃれや美容に敏感な女性は日常的に実践しているような
ごく当たり前のことだったりします。


ただ、多くの男性はそういった細かいところに気が回らない。


なぜなんでしょう??



11004009164.jpg




私は既婚者なので夫がいますが、
彼と共に生活する経験を通して男性の生態というものがなんとなくわかってきました。




例えば女性というのは、何事においても【全体のバランス】を重視する傾向があります。


だからあまりひとつの物、ひとつの事だけに集中しすぎない。


常に少し客観的に、全体としてどうなのか、
一部分だけに比重が偏っていないか、バランス良くまとまっているか。

そういった、物の見方をするような気がします。

全体としてうまくまとめられた物を高く評価する傾向がありますね。



例えばそうですね、食事なんかで言うと
女性はメインの他に、前菜からスープにサラダ、デザートまで さらには食後のコーヒーまですべて楽しみたがる。


わかりやすく言うとそんな感じです。



そして、全体を見ているから必然と視野が広いです。

だから2つ、3つの事を同時にこなすことが出来る。


これは子供を産んで育てる過程で非常に重要な事なので、
女性にはもともと遺伝子的にそういった能力が組み込まれているのでしょう。




一方で男性は、
たいていは自分でかなり意識をしていないとひとつの物事にしか集中出来なかったり
またのめり込み過ぎてしまう傾向があります。


そして【全体としての景観】よりも【ひとつの物・事に対する評価】
重要視するところが多々あります。


同じく食事に例えると、
男性はサラダにスープにデザート・・・なんて別にいらないから、
丼なら丼、ラーメンならラーメン、
メインをガッツリ食べたい。とにかくお腹いっぱい食べたい。


そんな感じです。



lgf01a201401161400.jpg




洋服を選ぶにしてもそうですね。

『自分に似合うのか、キャラ的にアリなのか』とか
『着まわしが出来るのか、手入れはラクなのか』とか
『値段と使い勝手のバランスが取れているか』とか

【この先それを保持する自分】を冷静に想像することなく、


『この服のここのステッチ技術は世界唯一らしい』とか
『この服は○○っていうデザイナーが云々・・・』とか
『この時計はこういう技術が使われていてどうのこうの・・・』とか


そういったその物の技術的な事を評価するあまり、
それ自体が自分の身の丈に合っているかとか、そもそも似合うのかとか

それをすっ飛ばして【物自体に惚れ込んで】購入してしまう。


技術オタクなんですよね、男性って。



いえいえ、それが悪いとは思いません。
技術に惚れ込んで物を買い求めることは素晴らしいことです。



けれどこのブログ上において私が言いたいのは、

『その素晴らしい物を見に付けて似合うだけのカッコいい男になってから購入すべき』ということ。




そんな小汚い格好で100万の時計してたって誰も気付かないし!それよかまずヒゲ剃れって!

せっかくいいシャツ買ったのに悪いけど全然キャラに合ってないし!


・・・とか思わずツッコミたくなる男性、ホント多いです。



1350457_l.jpg




男性のそういった視野の狭さ、全体としてのバランスを把握しないことは
ある種、生物学的に致し方ない事なのかもしれません。


けれど私はとなりで夫を叱咤激励して意識変化を促し
彼がどのように変化するかを見てきたところ、

自分の意識の持って行き方や、視点をほんの少し変えることで
ずいぶんとルックスも変わってきたのです。



私の友人たち(女)からは、
『旦那さん、昔と比べてすごくカッコよくなったよね~』
と言っていただく事が本当によくあります。



女性の目線を入れる事、それを男性に教える事で
男性はこんなにも【女性に好かれるカッコいい男】になれるんだ!!


私はそう確信しています。



そしてそれをもっとたくさんの男性たちの役に立てたい!



例えば彼女が欲しいけど自分に自信がない男性。
自分なりに頑張っておしゃれしてるのにイマイチ周りの反応が薄い男性。
変わりたい!イメチェンしてモテたい男性。


・・・最近年頃の娘から煙たがられているお父さん
あの頃のように『パパ大好き!』って一緒に娘とデートしたくないですか?!



そういった男性を効率よく変身させたい。

誰でも簡単に出来るイメチェンのコツを教えたい。



それがこのブログのテーマなのです。



lgf01a201305221900.jpg




男性の思う『カッコよさ』と 女性の思う『カッコよさ』は 少し違うんです。



女性の求める『カッコよさ』を取り入れること。
それが女性を振り向かせるための基本なのです!


女性である私がこのブログを立ち上げた理由はここです。

女性の目線、女性の好みを、男性のイメチェンに活かすこと。




次の記事から教える方法を実践していって下さい。
必ず、徐々に女性から『なんか雰囲気変わったね~』なんて言われるようになりますよ!!



一緒にイメチェン、頑張りましょう!!!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

【女が教える】モテる!男のイメチェン術・美容法 [自己紹介]

はじめまして!


『女が教える モテる!男のイメチェン術・美容法』管理人のお豆撫子と申しますm(_ _)m


なでしこ・・・そうです、私は女性です。



今日は自己紹介がてら、
なぜ女性の私が『メンズ美容・男のイメチェン』という男性向けのブログを立ち上げようと思ったか
少しだけお話をさせてくださいね。




lgf01a201309290000.jpg




昨今では男性もスキンケアヘアスタイルなども含め
おしゃれを積極的に楽しむ時代になりました。


若い年代なんかを見ていると顕著ですが、
周囲を見回すと、昔に比べてキレイ目な男性が増えてきていると感じることはありませんか?



balt01m.jpg




ひと昔前までは、いかにも男らしく、
体はガッチリムキムキで肌は黒くワイルドな風貌。

性格もリーダーシップに溢れて女性をリードしてくれるような・・・。


そんな男性が、多くの女性の理想とされた時代でした。



しかし時代と流行は移り変わるもので、

最近ではどちらかというとムキムキマッチョよりは細身だけど少し筋肉質な細マッチョ
肌も黒々隆々というよりは清潔感と健康的な印象を、
性格もリードしてくれる俺様よりは、優しくて協力的な人がいい・・・



というように、
女性の社会進出という時代を反映するかのように
男性に求められるものも変わってきましたね。




b0053019_0353324.jpg





話は変わりますが・・・

私は田舎のとあるお店で働いているのですが、
そこで男性向けスキンケアやコロンなどを買っていくお客さんは本当に多いです。


年齢は10代~60代くらいまで、かなり幅広い。

おじさん、おじいちゃん?と呼ばれる世代、
見た目にはそんなに色っぽい感じではなくフツーのお父さんという感じの人ばかりです。



『いまは若い男の子だけに限らず、当たり前のように男性も身だしなみに気を使うのだな』
と感じています。



ところがそういった男性客の顔を見ると髪はボサボサ。なんか時代遅れな髪型
とか、

眉毛太すぎ(もしくは長すぎ)でボーボー
とか、

いつの時代の服だよそれ!っていうようなケミカルジーンズ
とか・・・。




『コロンとか買う前にそこだろ!?それどーなの?!』
っていう見た目の男の人がすごく多い。


なんていうか、もったいない!!



でもきっと悲しいかな、男性は自分でそういうところに気が付けない人が多い。

これは、私の経験上実感として感じていることなのです。



男性の身だしなみ、その盲点に気付いた経験とは・・・



長くなったので、次の記事に続きます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。